郵便局へ不在届けを提出する場合

個人輸入は届くまでに時間がかかるので…

海外からの個人輸入を行う場合、ネックとなるのが届くまでの時間です。

早ければ、1週間程度で届く事もありますが、遅ければ2週間程度かかる事も少なくありませんので、先の見通しが立たないのが難しいところですよね。

もしも、タイミング悪く長期間受け取る事が出来ないと、送られてきた商品は、そのまま差出人へと返送されてしまいます。

本来、何の手続きもしていないと郵便局では7日間しか保管してくれません。

長期出張、もしくは、旅行や帰省など、タイミングによっては、7日以上となってしまったら、商品が送り返されてしまうのです。

こんな場合にはどうしたら…。
それが、郵便局への不在届けの提出です。

https://www.post.japanpost.jp/question/fuzai/absent_report.pdf

上記ページのPDFをダウンロードして、プリントアウトし最寄りの郵便局へ提出する事で、郵便物やゆうパックの保管延長をしてもらう事が可能となります。

用紙は、最寄りの郵便局にもあると思います。

この不在届けはゆうパックの荷物も対象となるので、個人輸入した商品がゆうパックなら、同様に保管してもらう事が出来るのですが、一つ注意しておくべき点があります。

それは、不在届けを出しているにもかかわらず、不在連絡票が投函されているケースもあるという事です。

この事について、郵便局へ問い合わせしたところ、配達員が把握していない場合に起こるそうなので、もしも、不在連絡票が7日以上前に入っていたものであっても、不在届けを出していたら大丈夫です。

万が一、それでも荷物が返送されてしまったなんて事が有ったら、その場合は、郵便局に問い合わせしましょう。

>>ACON社の血糖値測定器専用センサーやランセットの詳細へ