痛くない血糖値測定器は?

毎日使うから痛みも少なくしたい

血糖値測定器には、毎回必ず採血をしなければいけません。
こればかりは、肌に針を刺さなければできないため、毎回多少の痛みを伴うそうです。

また、傷口の処置もちゃんとしなければ、後々化膿してしまう危険もあるのだとか。血糖値測定器って、病院に行かなくても血糖値を測れて便利だと思っていましたが、こういう所まで自分でやらなければいけないのは、ちょっと慣れるまで大変そうですね。

ただ、血糖値は基本、毎日測るべきですから、なるべく毎回の痛みも最小限に留めたいところですが…どの血糖値測定器も、採取する血は微量ですから、採取に伴う痛みというのも、そう変わらないのではないでしょうか?

探してみると、痛くない血糖値測定器というのが見付かりました。

それは、アキュチェックアビバ。なんでも、針の形に結構こだわっているらしく、針先の形が3面カットの関係上、傷口は最小限で済むのだとか。また、針を刺すスピードも速いため、針ぶれが無い分も痛みが軽減されるみたいです。

痛みが軽くて傷も小さく済むなんて、正に至れり尽くせりですね。
日本で買える血糖値測定器でランセットを選ぶ場合、痛みの点を考慮するならこれも一つの選択としてアリなのかもしれません。

私が使用しているACON血糖値測定器のランセットも31Gと十分に細いのでほとんど無痛ですが、これから、痛みの問題も解決できる針が増えるなら、それが良い事に変わりなさそうです。

>>ACON社の血糖値測定器センサーの価格一覧へ