グルテンフリーならパン食は控える

パンは食べないに越したことは無い

グルテンフリーダイエットというのが、最近日本でも流行っているそうですね。

なんでも、従来のダイエットでは当たり前だった、空腹感に苦しむこと無く体重を落とすことができるのだとか。また、運動も一切必要無いみたいです。これなら人気なのも頷けますが、具体的には、どういったことをするのでしょうか?

一言で言うと、とにかくグルテンを摂らないようにする、だけだそうです。

グルテンは小麦や大麦、ライ麦などの穀類に含まれるタンパク質の一種だそうです。このグルテンの多い食品は、血糖値を上げやすいものも多く、結果的に体に脂肪がつきやすくしてしまうという、ちょっと困った点があるんだそうです。

そのため、グルテンを含む小麦粉などが使われていない食べ物を選ぶのが、グルテンフリーダイエットの中心となるみたいです。そこで、パンは基本的に食べられないと思った方が良いそうです。

確かに、パンの材料は言うまでもなく小麦粉が主ですからね。
それに、パンが発酵してあんな形に膨らむのは、他でもないグルテンの粘りのお陰なので、ふっくらしているパンほどグルテンの割合が多そうです。

最近では、米粉パンというのも多数ありますが、大抵は一部小麦粉が使われているため、グルテンフリーな米粉パンを売っているパン屋さんは意外と少ないみたいです。

また、ホームベーカリーで自作するという手もありますが、100パーセント米粉の米粉パンを作れるものは、ごくわずかとの事でした。中々、うまくはいかないものです。

>>ACON社の血糖値測定器センサーの価格一覧へ