脂肪はインスリンの働きを邪魔する

インスリン抵抗性を改善する為にも…

体に蓄えられている脂肪が多いとインスリンの働きがうまくいかなくなり、血糖値が下がりにくい体質となるそうです。つまり、高血糖状態の維持であり糖尿病を誘発するきっかけでもあります。

これをいわゆるインスリン抵抗性と言いますが、特に日本人は、欧米人と比べてもインスリンの分泌量が少ない上、インスリン抵抗性も著しい体質の人が多いという事で、いずれにしても、糖尿病になりやすい体質の人種だと思います。

簡単に考えて、処理能力が違うのに、欧米人と同じように脂質の多い食事、糖質の多い食事を繰り返していると、日本人の方が早く生活習慣病となるのは言うまでもありません。

特に内臓脂肪がインスリン抵抗性に繋がるそうですが、インスリン自体は膵臓から分泌されているのに、それが体内でうまく機能できていないとなると、ちょっと勿体ない気がしなくもありません。

ですが、それも含めて、血液の中やその周辺に不純物となるコレステロールが多いと、最終的には、糖尿病へと発展しかねないという点も踏まえて、生活習慣病。
そう言われると納得するしかありません。

このようなインスリン抵抗性の場合は、体脂肪を減らして本来の正常な働きに近づければ、血糖値も上がりにくくなり、糖尿病が予備群に戻り、さらに、何も心配の要らない健康な状態へと戻れる可能性もあると思うので、その為にも血糖値測定器での自己測定を習慣づけるのも良いのかもしれません。

>>ACON社の血糖値測定器専用センサーやランセットの詳細へ