海外製のセンサーは消費期限に注意

問題は無いが販売店選びはしっかりと!

今は、海外製の血糖値測定器であるACON社のオンコールエクスプレスを使用していますが、とりあえず、本体は一度買えば、それで済むので良いですが、センサーは、追加購入していかなくてはならないので注意点もあります。

それは、取り扱う販売店選び。

私は、日本語対応で関連会社からサプリメントなどを購入している関係もあり、糖尿病お助け隊というサイトを利用しています。日本語対応でやりとりが楽だし、ちゃんとした製品が届くので安心です。

不良品や返品対応もカスタマーセンサーが日本語でやりとりできるので、心配事は特にありません。

ひとまず、私の場合は、ここが合っているのでこれからも利用していこうと思いますが、中には、選択肢を色々増やしておきたいと考えている場合もあると思います。

確かに、ここが何らかの理由で取り扱いを終了したら、また、取り扱いのあるサイトを探さなくてはいけませんから。

そういう意味でも販売店選びは重要だと思います。

でも、本当の意味での販売店選びの重要性は、ちゃんとした製品を取り扱っているのかどうかというところ。特に、センサーは、消費期限があるのでしっかり確認しておくに越したことはありません。

消費期限切れのセンサーで測定すると、場合によっては、かなり高い数値が出たりする事もあるそうです。

このような正しいかわからない数値が出てしまうと血糖値を測定する意味が無いので、消費期限内である事が重要ですが、海外製の中には、安かろう悪かろうのものも多く、購入し届いた段階で消費期限ギリギリだったなんて事もあるそうです。

その辺も結局は、ちゃんとした販売店なら安心できる部分なのではないでしょうか。

>>ACON社の血糖値測定器センサーの価格一覧へ